音のアトリエ Piu-motto ロゴ

適切な音楽教育を適切な時期に。脳科学が明らかにした音楽の力で、子供はぐんぐん伸びていきます。
お電話でお問い合わせ
メールでお問い合わせ

教室紹介

「音のアトリエ Piu-motto」が選ばれる3つの理由

1. スタインウェイ社製のヴィンテージ・グランドピアノ

piano

世界中の主なホールでは圧倒的なシェアを誇る、スタインウェイ社製のグランドピアノです。初めてピアノに触る子供こそ、良いものに触れて欲しい、と考えています。ヴァイオリンとライアーも同様、いくつかの業者さんから音質・コストパフォーマンスの優れたものを講師が精選しており、ご希望があればご紹介することもできます。一方、スペースや生活時間帯の制約でご家庭にアコースティックピアノが置けない場合は、個々の条件にあった機種の電子ピアノをお勧めしています。

2. 発達全体を見渡したレッスン・アドヴァイス

growth

なかなか楽譜が読めるようにならない、姿勢や指の形が悪い、お家で練習しない、等々。よくある悩みの裏には、それぞれ特有の理由があります。それらは視機能、体幹、優位感覚などを考慮しながら的確に根気よく働きかけることで、必ず改善していきます。できるようになる、という体験は喜びと自信につながります。

3. 合奏は、各楽器のプロが加わる複数指導体制

pro

みんな、アンサンブル(合奏)が大好きです。ピアノやライアーはもともと一人でも楽しめる、マルチの楽器ですが、連弾や他の楽器との合奏には、全く異なる難しさと面白さがあります。ヴァイオリンは旋律楽器ですから、チェロやピアノのように和声を支える仲間が大切です。合奏指導の際は各専門楽器の視点から、各講師が音楽の楽しさを引き出していきます。

講師紹介

末松 晴美
ピアノ・ソルフェージュ

avator

桐朋学園大学音楽学部付属「子供のための音楽教室」で、4歳からピアノとソルフェージュの早期専門教育を受ける。
同大付属「子供のための音楽教室」講師、シュタイナー学校音楽専科教師を経て現在、音楽教室「音のアトリエ Piu-motto」代表・音楽教育講座企画運営。港南台幼稚園音楽教室講師。ブレインジム・インストラクター。

avator

末松 晴美

ピアノ・ソルフェージュ

桐朋学園大学音楽学部付属「子供のための音楽教室」で、4歳からピアノとソルフェージュの早期専門教育を受ける。
同大付属「子供のための音楽教室」講師、シュタイナー学校音楽専科教師を経て現在、音楽教室「音のアトリエ Piu-motto」代表・音楽教育講座企画運営。港南台幼稚園音楽教室講師。ブレインジム・インストラクター。

皆川 育子
声楽

avator

桐朋学園大学附属「子供のための音楽教室」にて豊富な指導実績を持つ。
現在、同大付属御茶ノ水教室ソルフェージュ科講師。
女声合唱団、少年少女合唱団、声楽アンサンブル
などの伴奏で多岐にわたり、活動。
港南台幼稚園音楽教室講師。音のアトリエ Piu-motto講師。

avator

皆川 育子

声楽

桐朋学園大学附属「子供のための音楽教室」にて豊富な指導実績を持つ。
現在、同大付属御茶ノ水教室ソルフェージュ科講師。
女声合唱団、少年少女合唱団、声楽アンサンブル
などの伴奏で多岐にわたり、活動。
港南台幼稚園音楽教室講師。音のアトリエ Piu-motto講師。

末松 薫
ヴァイオリン

avator

3歳よりピアノ・ソルフェージュを、5歳よりヴァイオリンを学ぶ。
長江杯国際音楽コンクール第2位。横浜国際音楽コンクール第3位。
その他、大阪国際、クラシック音楽コンクールなど入賞歴多数。
秩父国際音楽祭にて協奏曲のソリストを2年連続で務める。
これまでに河井裕子、石井志都子、マーカス・プラッチ、漆原啓子の各氏に師事。
桐朋学園大学、同大学研究科を修了。
研鑽を積みつつ、音のアトリエ Piu-mottoにて後進の指導に力を注ぐ。

avator

末松 薫

ヴァイオリン

3歳よりピアノ・ソルフェージュを、5歳よりヴァイオリンを学ぶ。
長江杯国際音楽コンクール第2位。横浜国際音楽コンクール第3位。
その他、大阪国際、クラシック音楽コンクールなど入賞歴多数。
秩父国際音楽祭にて協奏曲のソリストを2年連続で務める。
これまでに河井裕子、石井志都子、マーカス・プラッチ、漆原啓子の各氏に師事。
桐朋学園大学、同大学研究科を修了。
研鑽を積みつつ、音のアトリエ Piu-mottoにて後進の指導に力を注ぐ。

川本 嵐
ピアノ

avator

6歳よりピアノを始める。
桐朋学園大学音楽学部ピアノ専攻を卒業。在学中に学内の室内楽演奏会、卒業演奏会等に出演。その後渡欧し、リスト音楽院パートタイムコースを経て、政府奨学生としてリスト音楽院修士課程を修了。

多摩フレッシュ音楽コンサート2015 ピアノ部門優秀賞(第2位)。
第9回エレーナ・リヒテル国際ピアノコンクール第1位。
7th International Competition Youth Academy Award 2017 (Roma) 第2位。
29th Roma International Piano Competition Emerging Category 第1位。合わせてTaiwan Prize を受賞。
その他多数のコンクールで入賞。

2014年、2016年、2018年、2020年にソロリサイタルを開催。
2016年社団法人プラネット・テラ・ユースオーケストラとラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を、2019年ハンガリーにてドナウ交響楽団とリストのピアノ協奏曲第1番、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番を共演。

これまでに小杉裕一、田崎悦子、ミハイル・ヴォスクレセンスキー、パスカル・ロジェ、ルイス・フェルナンド・ペレス、ファルバイ・シャーンドル、レーティ・バラージュの各氏のレッスンを受講。
ピアノを安田裕樹、小森谷泉、ヤンドー・イェネー、ナードル・ジョルジー、ボルベイ・ラースローの各氏に、室内楽を漆原啓子、北本秀樹、加藤真一郎、田崎悦子、藤井一興、アンドラーシュ・サライの各氏に師事。

avator

川本 嵐

ピアノ

6歳よりピアノを始める。
桐朋学園大学音楽学部ピアノ専攻を卒業。在学中に学内の室内楽演奏会、卒業演奏会等に出演。その後渡欧し、リスト音楽院パートタイムコースを経て、政府奨学生としてリスト音楽院修士課程を修了。

多摩フレッシュ音楽コンサート2015 ピアノ部門優秀賞(第2位)。
第9回エレーナ・リヒテル国際ピアノコンクール第1位。
7th International Competition Youth Academy Award 2017 (Roma) 第2位。
29th Roma International Piano Competition Emerging Category 第1位。合わせてTaiwan Prize を受賞。
その他多数のコンクールで入賞。

2014年、2016年、2018年、2020年にソロリサイタルを開催。
2016年社団法人プラネット・テラ・ユースオーケストラとラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を、2019年ハンガリーにてドナウ交響楽団とリストのピアノ協奏曲第1番、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番を共演。

これまでに小杉裕一、田崎悦子、ミハイル・ヴォスクレセンスキー、パスカル・ロジェ、ルイス・フェルナンド・ペレス、ファルバイ・シャーンドル、レーティ・バラージュの各氏のレッスンを受講。
ピアノを安田裕樹、小森谷泉、ヤンドー・イェネー、ナードル・ジョルジー、ボルベイ・ラースローの各氏に、室内楽を漆原啓子、北本秀樹、加藤真一郎、田崎悦子、藤井一興、アンドラーシュ・サライの各氏に師事。

© 音のアトリエ Piu-motto All rights reserved
お電話でお問い合わせ
メールでお問い合わせ