音のアトリエ Piu-motto ロゴ

適切な音楽教育を適切な時期に。脳科学が明らかにした音楽の力で、子供はぐんぐん伸びていきます。
お電話でお問い合わせ
メールでお問い合わせ
狛江の音楽教室
音のアトリエ Piu-motto
〜ピアノ・ヴァイオリン・ライアー・親子クラス・音楽教育講座〜
狛江の音楽教室
音のアトリエ Piu-motto
〜ピアノ・ヴァイオリン・ライアー・親子クラス・音楽教育講座〜

適切な音楽教育を適切な時期に。
脳科学が明らかにした音楽の力で、
子供はぐんぐん伸びていきます。

Piu-motto について

最新のお知らせ

秋の発表会が終わりました(2)

今回は昨年に引き続き、コロナ下ということで三密を避けた催しになりました。

もし、コロナが解決したなら来年こそは物語を取り上げたいです。

語る音楽・歌う音楽・踊る音楽による立体的な催し物にできたら、
と考えています。 みんな、本当は歌ったり踊ったりが大好きなはず!!! その身体感覚が、音楽するベースになります。

秋の発表会が終わりました(2)

今回は昨年に引き続き、コロナ下ということで三密を避けた催しになりました。

もし、コロナが解決したなら来年こそは物語を取り上げたいです。

語る音楽・歌う音楽・踊る音楽による立体的な催し物にできたら、
と考えています。 みんな、本当は歌ったり踊ったりが大好きなはず!!! その身体感覚が、音楽するベースになります。

秋の発表会が終わりました(1)

2021年8月、Piu-mottoの年に一度の大きな発表会を行いました。

今年は成城ホール。
今回の目標は、「完成度の高いパフォーマンスを、楽しく!!!」です。

例年、背伸びをして少し難しい曲に挑戦することが多いのですが、 今年はそれよりも無理をせず、弾いても聞いてものびのびと楽しい発表会を目指しました。

2021年発表会ー2.PNG

また今年の第二部は、ボディパーカッション。 プロの先生をお呼びして、年齢別にクラスを分け、何回かご指導いただきました。

いつもは上がって頭が真っ白になってしまうこともある本番の舞台ですが、 ボディパーカッションのお陰でみんな、しっかりと地に足のついた演奏が出来ました。

秋の発表会が終わりました(1)

2021年8月、Piu-mottoの年に一度の大きな発表会を行いました。

今年は成城ホール。
今回の目標は、「完成度の高いパフォーマンスを、楽しく!!!」です。

例年、背伸びをして少し難しい曲に挑戦することが多いのですが、 今年はそれよりも無理をせず、弾いても聞いてものびのびと楽しい発表会を目指しました。

2021年発表会ー2.PNG

また今年の第二部は、ボディパーカッション。 プロの先生をお呼びして、年齢別にクラスを分け、何回かご指導いただきました。

いつもは上がって頭が真っ白になってしまうこともある本番の舞台ですが、 ボディパーカッションのお陰でみんな、しっかりと地に足のついた演奏が出来ました。

default img
リズム感も強化!

今年のテーマは「ボディパーカッション」

ピウモットでは毎年4~5月に、弾きあい会を行います。
9月の大きな発表会に向けてその準備も兼ねています。
今年のテーマはボディパーカッション。
身体の中心からリズムを感じられたら楽しいですよね。
専門の先生を何回か招聘して、ガッツリ取り組みます。
日々のレッスンでも遊べそうです! 👏

リズム感も強化!

今年のテーマは「ボディパーカッション」

ピウモットでは毎年4~5月に、弾きあい会を行います。
9月の大きな発表会に向けてその準備も兼ねています。
今年のテーマはボディパーカッション。
身体の中心からリズムを感じられたら楽しいですよね。
専門の先生を何回か招聘して、ガッツリ取り組みます。
日々のレッスンでも遊べそうです! 👏

default img
コロナ禍での発表会

このコロナ禍で初めてのことも多くありましたが、 無事、2020年9月12日に発表会を行うことが出来ました!

今年の発表会は

  • アンサンブルを避け、楽曲や作曲家への理解を深め、楽曲発表する。
  • 少ない人数でグループを作り、休憩を長めにとる。
  • 常に換気をしつつ、家族以外との席には3席以上の距離をとって座ってもらう。

など、密になる機会を避けつつ、ソロの演奏に集中した舞台を設けました。

結果、やはりやってよかった! と生徒さんも親御さんも講師側も、大満足の発表会となりました。

コロナで外に出られない時期に、音楽が助けにもなり、全員が飛躍的に成長したと思うほど、 レベルの高い演奏が多かったです。

木の響きの美しいホールを、自分が奏でた音で満たす経験に感動した、という嬉しいお声もいただきました。

2020年12月24日 引き続き年末のクリスマスコンサートも、コロナに気をつけつつ開催を予定しております。

アンサンブルの学びも深める為、親子で、あるいは兄弟で、共演が出来ればいいな🎵 などと考えております。

普段と違う生活で、息が詰まったり、精神的にも疲弊している今、 音楽がバランスをもたらしてくれることに改めて感謝です。

コロナ禍での発表会

このコロナ禍で初めてのことも多くありましたが、 無事、2020年9月12日に発表会を行うことが出来ました!

今年の発表会は

  • アンサンブルを避け、楽曲や作曲家への理解を深め、楽曲発表する。
  • 少ない人数でグループを作り、休憩を長めにとる。
  • 常に換気をしつつ、家族以外との席には3席以上の距離をとって座ってもらう。

など、密になる機会を避けつつ、ソロの演奏に集中した舞台を設けました。

結果、やはりやってよかった! と生徒さんも親御さんも講師側も、大満足の発表会となりました。

コロナで外に出られない時期に、音楽が助けにもなり、全員が飛躍的に成長したと思うほど、 レベルの高い演奏が多かったです。

木の響きの美しいホールを、自分が奏でた音で満たす経験に感動した、という嬉しいお声もいただきました。

2020年12月24日 引き続き年末のクリスマスコンサートも、コロナに気をつけつつ開催を予定しております。

アンサンブルの学びも深める為、親子で、あるいは兄弟で、共演が出来ればいいな🎵 などと考えております。

普段と違う生活で、息が詰まったり、精神的にも疲弊している今、 音楽がバランスをもたらしてくれることに改めて感謝です。

特徴

段階別カリキュラム

Piu-mottoには脳科学や発達理論に支えられた段階別カリキュラムがあります。

子供は日々、成長していきます。本来「もっと学びたい、もっと体験したい」と願っている子供たちそれぞれの「今」に、ぴったりの課題で進歩が実感でき、楽しく上達します。

レッスンのバリエーション

一人一人の得手不得手に細かく対応する個人レッスンと、楽しく互いに高め合うグループレッスン。

ソルフェージュや合奏はなるべくグループで行います。ピアノ・ヴァイオリン・チェロや管楽器・打楽器など、合奏の際はそれぞれの楽器の専門家が入ります。

個人レッスンを軸に、ご希望や必要に応じて進めていきます。

インストラクター養成講座

Piu-mottoが現在、行っている音楽教育講座は“Method of Movement with Music”(教育者のための音楽と動きのメソッド)のインストラクター養成講座です。 特に子供を対象とする教育者が、動きを通して楽しく、かつしっかりとした発達理論を背景にレッスンを進めるための基礎を学ぶ、全12回のコースです。

現在、首都圏各地から現場の先生方が受講されています。
(第3期は4月開講予定。詳細はお問い合わせください)

段階別カリキュラム

Piu-mottoには脳科学や発達理論に支えられた段階別カリキュラムがあります。
子供は日々、成長していきます。本来「もっと学びたい、もっと体験したい」と願っている子供たちそれぞれの「今」に、ぴったりの課題で進歩が実感でき、楽しく上達します。

レッスンのバリエーション

一人一人の得手不得手に細かく対応する個人レッスンと、楽しく互いに高め合うグループレッスン。

ソルフェージュや合奏はなるべくグループで行います。ピアノ・ヴァイオリン・チェロや管楽器・打楽器など、合奏の際はそれぞれの楽器の専門家が入ります。

個人レッスンを軸に、ご希望や必要に応じて進めていきます。

インストラクター養成講座

Piu-mottoが現在、行っている音楽教育講座は“Method of Movement with Music”(教育者のための音楽と動きのメソッド)のインストラクター養成講座です。 特に子供を対象とする教育者が、動きを通して楽しく、かつしっかりとした発達理論を背景にレッスンを進めるための基礎を学ぶ、全12回のコースです。

現在、首都圏各地から現場の先生方が受講されています。
(第3期は4月開講予定。詳細はお問い合わせください)

ご挨拶

代表 末松 晴美

音のアトリエPIu-mottoへ、ようこそ。
関心を持って下さってありがとうございます。

私たちは音楽を、人間の健康な心と体にとって無くてはならないものと考えています。

音楽の楽しさに目覚めた子供たちは、美しさや正しさに対する感覚を育て、工夫を重ねて達成することの喜びを知り、人々の中で自分を活かすことを学びます。
また音楽を通して、偏った傾向にバランスをもたらし、他の様々な学びを助けることができます。
それだからこそ、時期やアプローチが不適切な音楽教育は、残念な結果になる恐れがあります。

一人一人のための「究極の適期教育」を目指し、子供たちと出会いたく、また志を同じくする先生たちと出会いたく、私たちは活動しています。

同じ志を持って指導にあたっている講師の皆さんをご紹介します。

代表 末松 晴美

音のアトリエ Piu-mottoへ、ようこそ。
関心を持って下さってありがとうございます。

私たちは音楽を、人間の健康な心と体にとって無くてはならないものと考えています。

音楽の楽しさに目覚めた子供たちは、美しさや正しさに対する感覚を育て、工夫を重ねて達成することの喜びを知り、人々の中で自分を活かすことを学びます。
また音楽を通して、偏った傾向にバランスをもたらし、他の様々な学びを助けることができます。
それだからこそ、時期やアプローチが不適切な音楽教育は、残念な結果になる恐れがあります。

一人一人のための「究極の適期教育」を目指し、子供たちと出会いたく、また志を同じくする先生たちと出会いたく、私たちは活動しています。

同じ志を持って指導にあたっている講師の皆さんをご紹介します。

© 音のアトリエ Piu-motto All rights reserved
お電話でお問い合わせ
メールでお問い合わせ